すまほたっぷ

Apple製品に関する情報発信ブログ

iPhoneデータ消去の正しい方法!初期化の手順と注意点

約5分
iPhoneデータ消去の正しい方法!初期化の手順と注意点

今まで使っていたiPhoneを売却する時やバックアップデータを復元する時、或いは何らかの不具合が発生した時など、iPhoneを初期化するべき場面は多々ある。
初期化を正しく行えば、iPhone内のデータや設定を全て消去し、出荷時の状態に戻すことが出来る。
初期化の方法は、iPhone単体の操作で行うやり方と、iTunesや専用のソフトを使用して行う方法があるが、この記事では最も簡単でパソコンが無くても実施可能な、iPhone単体で行う初期化の方法を詳しく解説する。
iPhoneユーザーであれば、正しい初期化のやり方や注意点を知っておく事は必須である為、是非最後まで目を通してほしい。

事前にやっておく事

初期化を実行すると、iPhone内部のデータや設定はすべて消去される。
つまり、データを元に戻す事が出来なくなる。その為、データ等は不要という人以外は、事前にiCloudやPCでバックアップをとっておく必要がある。
「クイックスタート」を使って、他のデバイスへデータ移行が済んでいる場合、iCloudやPCでのバックアップは必須ではないが、データ移行したデバイスが紛失や故障するという可能性もある為、やはり別途バックアップは取っておいた方が良いだろう。


バックアップの方法は、以下の記事を参考にしよう!

初期化の手順

これから紹介するiPhoneの初期化手順は以下の通り。自分では確実に初期化したと思っていても、AppleIDの情報が残っているなんて事が意外とよくある。
確実に初期化をする為に、以下の手順を確認して順番通りに操作してほしい。

  1. 「探す」をオフにする
  2. iCloudからサインアウトする
  3. データ消去(初期化)の実行
  4. アクティベートして確認【譲渡や買取に出す場合等】

それでは、手順の詳細を確認していこう。

Step.1
「探す」をオフにする

初期化の順番として、まず最初に「探す」をオフにする必要がある。以下の手順に従って実際にオフにしてみよう。

①「設定」から入り、上部に表示されているアカウント名をタップ

設定

②「探す」をタップ

探す

③「iPhoneを探す」をタップ

iPhoneを探す

④「iPhoneを探す」のスイッチをオフに

iPhoneを探す

⑤AppleIDパスワードを入力して、右上の「オフにする」をタップ

AppleIDパスワード

⑥パスワードが正しければ、オフに出来る

iPhoneを探すをオフ

Step.2
iCloudからサインアウト

「探す」をオフに出来たら、次にiCloudからサインアウトする。

①「設定」の一番下、「サインアウト」をタップ

iCloudからサインアウト

②右上の「サインアウト」をタップ

サインアウト

③ポップアップ内の「サインアウト」をタップ

サインアウト

④サインアウトが開始される

iCloudデータをコピー中

Step.3
初期化を実行

「探す」をオフにして、iCloudからサインアウトしたら、端末内のデータを削除(初期化)する。

①「設定」で、iCloudからサインアウトされている事を確認し、「一般」をタップ

一般

②「転送またはiPhoneをリセット」をタップ

転送またはiPhoneをリセット

③「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ

すべてのコンテンツと設定を消去

④「このiPhoneを消去」の画面で、「続ける」をタップ

このiPhoneを消去

⑤パスコードを入力し、「iPhoneを消去」をタップ

このiPhoneのパスコード

⑥初期化が開始される

初期化開始

⑦設定前の画面になれば、初期化が完了

初期化完了

以上でiPhoneの初期化は完了だ。この時点でほぼ問題なく初期化が出来ていると言えるのだが、ごく稀に何らかの不具合により、AppleIDの情報が消えていない場合があり、アクティベート時にAppleIDパスワードの入力を求められる事がある。
その為、念の為ではあるが、iPhoneを譲渡したり、買取や下取りに出す予定の場合は、この後に一度、確認の為のアクティベートをしてみる事をお勧めする。

Step.4
確認の為のアクティベート

iPhoneを、譲渡したり、買取や下取りに出す予定なら、初期化が完了した後、少し手間ではあるが、一度アクティベートをして情報が残っていないかを確認しておくのが確実だ。
但し、ここでのアクティベートはあくまで確認の為だけであって、実際に使用する為ではない。なので、iCloudへのサインインや、FaceID等の設定は一切不要だ。

言語やWiFi等の設定をしていくと、FaceIDの設定になるが、ここでは「あとでセットアップ」をタップ

FaceID

パスコードの設定も不要。「パスコードオプション」をタップ

パスコードを作成

「パスコードを使用しない」をタップ

パスコードを使用しない

APPとデータの画面では、「APPとデータを転送しない」を選択

APPとデータを転送しない

AppleIDの入力はせず、「パスワードをお忘れかAppleIDをお持ちでない場合をタップ」

パスワードをお忘れかAppleIDをお持ちでない場合

「あとで設定でセットアップ」を選択

あとで設定でセットアップ

AppleIDは使用しないので、「使用しない」をタップ

使用しない

Siriの設定も不要なので、「あとで設定でセットアップ」をタップ

Siri

その他、特に何も設定せずにアクティベートが完了したら、何らかの情報が残っていないか、念のため確認してみよう。
この時点で、情報が空であれば、このままの状態で買取や下取りに出しても全く問題はない。

アクティベート完了

最後に

iPhoneを正しく消去する為には、正しい順番通りの手順で初期化を行う必要がある。
自分では正しく初期化したつもりでも、AppleIDの情報が残っていたりする事は意外とよくある。
初期化後にアクティベートを行い、全ての情報が消えているか念の為確認しておけば、安心して売却や譲渡する事が出来るのではないだろうか。

iPhone(アイフォン)ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE